結果を出す売れるキャッチコピーの作り方8つのスタイルと方程式まとめ

40326643_blog結果の出るキャッチコピーってよく書籍などで販売されていますが、

実際のところ情報が溢れすぎていてどのようなものが

一番反応がとれるのかわからない、なにを基準に考えればいいか

わかないという方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回、そんなあなたのために100年以上前から続けられいている

キャッチコピーの原理原則に沿った書き方を解説していこうと思います。

 

反応が出るキャッチコピーの考え方を手に入れ、ぜひ、今日から実践してください。

ライバルたちとは一線を画する売上を獲得できることを保証します。

 

目次

1、そもそもキャッチコピーとはなにか

2、【秘訣】キャッチコピーの2つのポイント

3、【厳選】キャッチコピー8つのスタイル

4、【王道】キャッチコピー4つの方程式

5、エクササイズ

 

そもそもキャッチコピーとはなにか?

キャッチコピーで一番大切なことは、最初にどのような認識をされるかという第一印象です。

お客さんにセールスレターを読んでいただくときに広告だと思われた瞬間、

せっかく苦労してコピーを書いたとしても最後まで読んでくれることはありません。

 

まずは、セールスレターを読むだけで何か読み手に得がある、最後まで読めば

現状の問題を解決することができると価値を感じてもらう必要があるんです。

 

セールスされるとガードされないための秘訣はコンテンツであるという認識をしてもらうことです。

売り込むわけではなくプレゼントをするという意識でキャッチコピーを書くこと。

まずは、ここを大前提で意識してください。

 

1−1デザインについて

よくギラギラに飾られているセールスレターがありますが、

ああいったものは基本的に成約率が悪いです。

 

プロダクトローンチなどの手法を使い、ある程度お客さんとの信頼関係を

築くことができていることによって売れているだけで、広告などを使って、

はじめてセールスレターを見る見込み客にはまず通用しません。

 

派手になるほど、デザインに目がいってしまいますし、これからセールスされるんだなと

身構えられてしまいます。そういった心理的ブロックを最初にされてしまうとセールスの

大きな障害となってしまいます。

 

ですから、デザインはまったくなしのシンプルなものにしてください。

バックグラウンドは白、文字は黒と赤の二色。大切なことはいかにコピーを読んでもらうかです。

 

とくに、キャッチコピーの段階で引き込まなければ制約もすることがないので、

デザインには気をつけてください。

 

1−2セールスレターの流れ

 

セールスレター流れ

セールスレターの大まかな流れはこの8ステップです。もちろん、ほかにもパーツはありますが、

今回はその解説は省かせていただきます。セールスレターは、いかに引き込むか、ここが

一番の課題となってきますが、この8ステップを見てもわかるようにキャッチコピーは

とても重要な位置にいます。

 

ここでお客さんに興味を持ってもらえずに、ミスコミュニケーションが起きたら、

その後に書いた7つのステップの文章が無意味になってしまうんです。

 

ですから、なんとしても引き込むためにキャッチコピーにはあなたの魂を吹き込んでいく、

そういった想いでいてください。そして、そういったモチベーションでこの先の文章を

読みすすめてください。

 

※セールスレターの流れをもっと詳しく知りたい方は

こちらからのセールスレターテンプレートを参照してください。

 

セースレターテンプレート ※準備中

 

2、【秘訣】キャッチコピーの2つのポイント

それでは、本題のキャッチコピーの話に入っていきましょう。

キャッチコピーはセールスレターのなかで一番大切なパーツです。

ここを読んでもらえなければ、制約することはありません。

 

もちろん、流し読みをして購入する方もなかにはいると思いますが、成約率の8割は

キャッチコピーで決まってしまいます。ここをしっかりと意識して、キャッチコピーは

常にテストするということを念頭においてください。

 

そして、お客様はあなたのセールスレターを読むときに2つのことを考えます。

 

2−1なぜ読む必要があるのか

1つ目はなぜ読む必要があるのかです。お客さんはまだあなたのセールスレターを

読もうとしていません。むしろ、わざわざ大切な自分の時間を割いてまで

読む必要がないとさえ考えています。

 

もしかしたら、あなたは自分が書いたセールスレターは読まれていると

考えているかもしれませんが、それは大きな間違いです。

まずは大前提で誰にも読まれていないという認識をもってください。

 

だからこそ、読んでもらうにはどうすればいいのかなと考えることができるので、

いいコピーを書くことができます。どうすれば、次の一文を読んでもらえるのか、

ということを常に考える必要があるんです。

 

あなたのセールスレターを読む必要がないと思われた瞬間にページは閉じられてしまいます。

だからこそ、1センテンス読み進めるごとに次の1センテンスを読まなければ気が済まない、

絶対に最後まで読まないといけないと思ってもらう必要があります。

 

2−2なぜ最後まで読む必要があるのか

2つ目はなぜ最後まで読む必要があるのかです。お客さんは、あなたのセールスレターを

まるでスキャンするように飛ばし読みで全体を読もうとします。

 

しかし、それではいけないんです。いかにして、上から下までゆっくりと1文字ずつ

読み進めることができるのかというところを考える必要があります。

 

大切なのは、絶対に読んでくださいと強制することではなく、秘密を書いていますとか、

あなたも問題を解決する理由をこれからお話しいきますとか、実はある出来事で

私の人生は劇的に変化したんです。といった形で、興味をそそると、

読まないといられなくなります。

 

お客さんは、理由や答え、問題の解決策はどこにあるのか探し始めるので、

セールスレターをすべて読もうとするのです。セールスレターのボディコピーにも、

ところどころに興味をそそる文章をちりばめてください。

 

そして、必ずセールスレターをすべて読ませるという意識で書いてください。

なぜ読む必要があるのか、そして、なぜ最後まで読む必要があるのか、

という理由に対して、強力な理由がなければ読んでもらうことはできません。

 

たとえば、あなたの身体測定の結果が出たんですが、

ちょっと気になるところがあります。いますぐ読んでもらえますか?

 

こんなことを言われたら、体になにか異変があったのか気になって読まずにはいられませんよね。

お客さんが、読んだ瞬間驚くようなパワフルな理由が必要です。この理由さえあれば、

人間は何ページあろうともすべて読みます。最初に引き込まないとすぐに行動してもらえません。

 

あとにでの読もうと思われたら、永遠に読まれることはないので、

ここをしっかりと意識してください。

 

3、【厳選】キャッチコピー8つのスタイル

それではキャッチコピーの具体的な8つのスタイルについて解説していきます。

 

今回ご紹介する8つのスタイルをマスターしたら、あとはこれらを組み合わせるだけで、

お客さんの心を動かすことができるキャッチコピーを書くことができます。

人間心理の原理原則にのっとった、言葉の力を活用することで、

あなたのセールスレターの成約率を倍増させてください。

 

3−1ニューススタイル

ニューススタイルコピーライティング

1つ目はニュース性を強調したキャッチコピーです。

前代未聞や、本邦初公開などのニュース性が組み込まれているものです。

人間は本能的に今現在の情報にあまり価値を感じません。

最新情報などのいままで巷では公開されていない

ニュース性のあるものでしたり、最古のといった昔のものも人は好みます。

 

3−2発見スタイル

発見スタイルキャッチコピー

発見するスタイルのキャッチコピーです。

たとえば、

『1日中なにもせずともあなたの銀行口座に現金が入金されるスイス式投資案件を暴露』

 

『1日5分間「あること」をするだけで女性と一気に

 肉体関係に持ち込むことができるテンプレートをついに発見』

 

このようなキャッチコピーはどうでしょうか。引き込まれませんか?

人間は、いままでになかったものやまだ誰にも知られていないような世界を

知ることに興味が湧いてくるという欲求があります。

 

3−3確実スタイル

確実スタイルキャッチコピー

確実に結果が出ることを証拠を出すことによって伝えます。ここを意識するだけで

信頼度がぐっと上がるので、強力なキャッチコピーにカスタマイズすることができます。

 

たとえば、

『Google公認のプログラマーが開発した確実にセールスを完結させるシステム』

 

こういったキャッチコピーなら、Googleという世界的に認められている大企業の

優秀なプログラマーが開発したのだから、確実にセールスが完結するのだろう

という納得感がありませんか?

 

また、

『日本政府公認のスパイ組織によりアメリカの陰謀説が証明されました』

 

この証明という言葉も強い力がありますね。ここまでにお伝えしてきた、ニューススタイルと

発見スタイルを組み合わせるとさらに強力なキャッチコピーを作成することもできます。

 

3−4SEXスタイル

SEXスタイルキャッチコピー

SEXスタイルと聞いたら、女性や一部の男性から嫌悪感を抱かれてしまうかもしれません。

しかし、SEXスタイルはいまや多くの企業が市場に対して訴求するとき使われている

とても重要なキーワードとなります。

 

オリエンタルランドが運営しているディズニーのキャラクターや、日本の国民的アニメの

キャラクターにも無意識に訴えかけるレベルで男性器や女性器の象徴を入れ込んでいます。

つまり、あなたがコピーを書くときに使わない手はないということです。

 

もし、あなたが恥ずかしいから使いたくないというのなら、コピーライターとして活動することは

諦めた方がいいです。反応が出ること、売上を出せることがコピーライターの使命です。

 

3−5健康スタイル

健康スタイルキャッチコピー

人間は、一番下の本能的な欲求の1つとして健康で長生きしたい、いつまでも美しくいたい、

死にたくはないという欲求をもっています多くのコピーライターはここを訴求しませんが、

潜在的な本能にインダイレクトに働きかけるにはとても効果的な方法です。

 

この要素を入れるだけで興味を引くことが可能になるので、試してみてください。

 

3−6自動的スタイル

自動的スタイルキャッチコピー

人間は努力することに抵抗を感じます。なるべく片手間で、自動的にすべてが完了してしまう

システムがあるのなら、その仕組みを使いたいと思うんです。

 

たとえば、もしあなたがある薬を飲むだけでコピーライティングをマスターでき、なおかつ、

毎日努力する必要がなく知識とスキルがどんどん自動的に脳にインストールできたらどうですか?

 

おそらく勉強熱心なあなたは興味が湧くと思いますし、なんとしてもその秘密の薬を

ゲットしようとするのではないでしょうか。こういった人間の欲望を意識して

キャッチコピーを書くだけでどんどん引き込んでいくことができます。

 

3−7痛み・恐怖スタイル

痛み・恐怖スタイルキャッチコピー

人間は不合理な恐怖を常に抱えています。まだ起こってもいない未来を恐れ、

どうしていいかわからず悩み、誰にも相談できずに苦しんでいるんです。

 

あなたがすることは、その痛みや恐怖のポイントを言葉にすること。悩みや不安、

痛み、フラストレーションを抱えている人が思わず引き込まれてしまうような文章を

意識してください。

 

人間心理には、何かを手にれたいという欲望よりも、なにか失いたくないという

欲望の方が2倍の強さがあるという原則があります。だからこそ、ここを活用して

相手に響くキャッチコピーを作成するんです。

 

3−8無料スタイル

無料スタイルキャッチコピー

無料ですべて渡しますよ!というスタイルです人間は基本的に大切なお金を

手放そうとしません、あなたが持っている商品が本当に必要で、感情的にもほしいと

思わなければ財布を開くことはまずありえないのです。

 

しかし、無料ならもらっておこうかなという意識が生まれます。ですから、まずは無料で

お客さんに商品の良さを知ってもらったり、無料レポートであなたやあなたの

商品のことを知ってもらう、認識してもらうために無料スタイルは有効なんです。

 

4、【王道】キャッチコピー4つの方程式

100年以上前から使われいているキャッチコピーの方程式をご紹介します。

 

この方程式に合わせて書けばまずハズレはありませんので、

あなたのセールスレターに合わせて活用してみてください。

 

4−1痛みの解決を約束するキャッチコピー

痛みを避けたいという欲求にフォーカスしたキャッチコピーです。

 

たとえば、

『200万円の借金を半年で精算することができたある投資案件とは』

『彼女の浮気を診断する3つの戦略』

 

こういったなんらかの痛み、不安、恐怖、フラストレーションなどを

解決できる未来があることを約束するキャッチコピーです。

 

痛みを避けたいという人間心理の根本的な欲求に訴えるので、キャッチコピーに

組み込むことで痛みや恐怖を抱えている人たちは読まずにはいられなくなります。

 

4−2ベネフィット+ベネフィット

あるベネフォットを得ながら、もう1つのベネフィットも得ることができるという

お得な構成のキャッチコピーです。

 

たとえば、

『月に30万円の副収入を獲得しながら金払いのいいクライアントを獲得する方法』

 

『豪華客船で自由に世界を旅しながらたくさんの女性と関係をもつ方法』

 

ベネフィット得たあとに、さらに新しいベネフィットを獲得できる

キャッチコピーの流れです。かなり効果がありますのでぜひ試してみてください。

 

4−3もし◯◯◯ならば△△△

このパターンはなぜか、反応がかなりとりやすいです。

もし、、、と問いかけると、どうしても先を読んでしまう修正が人間心理の深い部分にあるようです。

 

たとえば、

『もしあなたが1日5分の時間を使えるのであれば、

プロ並みの腕前になれる3つのゴルフ上達術を公開します』

 

『もしあなたに好みの女性が一人でもいるのなら、

友人に恥をかかせて卑怯者呼ばわりされるくらいの7つの女性心理解読術を公開します』

 

もし、◯◯ならば、というと人間は自然と引き込まれていきます。

最終的にはベネフィットを訴求することで引き込んでいってください。

 

4−4非現実フォーミュラ

現実的に考えたらありえないことが起こることを約束するキャッチコピーです。

 

たとえば、

『毎日遊びながら10万円の副収入を手に入れることができる片手間サイドビジネスとは』

 

『布団に横になって成功する方法』

 

あなたが抱えている問題がベネフィットに変わるとか、これから先、非現実的なことが

実際に起こりますよといったことです。簡単に言うと、逆説を唱えてその事実を

正当化していくという流れです。

 

人間は常識として考えていることとズレた話をされたり、文章を読んだりすると、

認知的不協和という深層心理が働き、真実はなんなのか追及し、情報を保管しようとします。

こういった心理の深い部分に訴求することで人間を動かしていきます。

 

6、エクササイズ

いかがでしたでしょうか。具体例を織り交ぜながら解説していきましたが実践できそうでしょうか。

まずは、こちらの記事の内容を十分に咀嚼しながらあなたの商品にあったキャッチコピーを

考えてみてください。

 

お客さんの脳にインパクトを与えないと意味がないので、できるだけ過激に、そしてお客さんの

悩みや不安、フラストレーションに沿った文章構成にしてください。

 

6−1キャッチコピーを作ってみる

いきなりキャッチコピーを作成してみようと言われても、具体的になにをしていいか

わからない方がいるかもしれませんね。ということで、まずは一言でキャッチコピーを

作成してみてください。

 

たった一言でいいです。あなたのお客さんを惹きつけることができるキャッチコピーを

考えてみましょう!

 

6−2まとめ

キャッチコピーは本当にたくさんの種類があります。企業が出しているイメージコピーのようなもの

中小・零細企業が出しているダイレクトレスポンス型のキャッチコピー、参考になるものは

素材としてごろごろ転がっています。

 

大切なことは、人間心理の根底を理解し、異業種やライバル企業のキャッチコピーを

参考にしていくことです。自社商品にはどういった文章をあて込めばいいのか、

いま、お客さんはいったいなにを求めているのか。たくさんの疑問が生まれてくるかも

しれませんが、その1つ1つの答えを見つけていくことで素晴らしいセールスレターを

完成させることができます。

 

焦らずに1つずつクリアしていってください。そして、安心してください。ライバルの大半は

こういった作業をやっていません。つまり、あなたの独壇場でビジネスを展開していくことが

これから先、コピーライティングを学べば簡単にできてしまうということです。

 

コピーライティングを学ぶ際には、まずキャッチコピーを練習していきましょう!

サブコンテンツ